中古ドメインのメリット・デメリットを解説!メリットを活かしてSEO対策につなげよう | SEO対策研究室

中古ドメインのメリット・デメリットを解説!メリットを活かしてSEO対策につなげよう

中古ドメインのメリットデメリットを解説

更新日:

要約

  • 中古ドメインのメリットはドメインパワー被リンク、アクセス数がある。
  • デメリットとしてはペナルティを引き継ぐ可能性、コスト、検索順位への影響がある。
  • 中古ドメイン、新規ドメインの使用がおすすめな人がそれぞれいる。

中古ドメインと新規ドメインの違いとは?

そもそも中古ドメインと新規ドメインの違いとは何なのでしょうか?

中古ドメインと新規ドメインの主な違いは、その運用歴と過去の利用状況です。新規ドメインは誰も所有していない未使用のドメインであり、ユーザーは自分の好きな名前を選択可能です。

一方、中古ドメインは以前に別の所有者によって使用されていたドメインです。別名で「オールドドメイン」とも呼ばれます。

中古ドメインを再利用することで、過去の運用歴を引き継ぐことができSEO対策に効果を発揮する場合があります。

中古ドメインと新規ドメインの違いまとめると、過去に利用履歴のないものが新規ドメイン。第三者によって過去に運用され、運用履歴のあるものは中古ドメインになります。

中古ドメインを使用するメリット4選を解説

中古ドメインは、デジタルマーケティング施策として重要なSEO対策の良い支援役としてひと役買います

中古ドメインを使用するメリット4つを紹介します。

  1. ドメインパワーがあり、インデックスされやすい
  2. 被リンクを活用できる
  3. ある程度のアクセス数がある
  4. 労力や時間などのコストダウンが見込める

ドメインパワーがあり、インデックスされやすい

中古ドメインは「ドメインパワー」があります。ドメインパワーというのは、ドメインそのものが持つ力のことで、検索順位や被リンクの数によりそのパワーは強力になっていきます。

この被リンクは、新しいコンテンツをインデックスする際に検索エンジンの信頼性を高める要因となり、インデックスがされやすいです。

また中古ドメインは、その運用歴(ドメインエイジ)にも力を持ちます。

過去の正当な活動や高品質なコンテンツがある場合、検索エンジンからの信頼を得ている可能性が高く、新しいコンテンツもすぐに評価される可能性が高いです。

このため中古ドメインのドメインパワーは、新規サイトや元サイトに被リンク与えるサテライトサイトとして、有効活用することができます。

まとめると、中古ドメインは新規ドメインよりも短期間で上位表示されやすくなります。

被リンク(バックリンク)を活用できる

また被リンク(バックリンク)を活用できるのは、大きなメリットになります。*被リンクとは外部のサイトに設置された、自分自身のサイトのリンクのことをさします。(バックリンクとも言います。)

被リンクの数は新規ドメインより中古ドメインの方が圧倒的に多いです。

サイトコンテンツが外部からの評価が一定されている、ということの証明になるのでSEO対策に有効な支援策となるでしょう。

ただ注意すべき点は被リンクの数が多ければ良い、というわけではなく被リンク元サイトの評価やハイパーリンクの張られ方にも影響があることは覚えておいてください。

*別記事の初心者でもわかる今さら聞けない被リンクとは?でも詳しく紹介しています。

ある程度のアクセス数がある

過去に運用されていたということは、サイトのブックマーク・被リンクを獲得・検索エンジンにインデクスされており、検索エンジンに対して一定の信頼性を中古ドメインは既に持っている場合があります。

そのため新しいウェブサイトを立ち上げた直後から、既存のトラフィックを活用してアクセスを受け入れることができます。ウェブサイト立ち上げのスタートダッシュを決めやすいのも大きなメリットでしょう。

労力や時間のコストダウンが見込める

新規ドメインでサイト制作を始める場合、ゼロからコンテンツを作成して集客を始めるプロセスは、多くの労力や時間を必要とします。しかし中古ドメインを選ぶことで、それらの時間や労力をかなり軽減することが可能です。

上記の中古ドメインのメリットで紹介したように、中古ドメインには既に検索エンジンでの評価やバックリンクが付与されていることがほとんどです。

ゼロから始める必要がないため、SEO施策に費やす時間と労力が削減できます。

中古ドメインは新規サービスを開始する時や新しく集客をする場合などに、非常に有効な手段と言えるでしょう。

中古ドメインを使用するデメリット3選を解説

メリットがあればもちろんデメリットもあります。中古ドメインを使用するデメリットを3つ紹介です。

  1. ペナルティを引き継ぐ可能性がある
  2. コストがかかる
  3. 検索順位が一気に落ちる場合がある

ペナルティを引き継ぐ可能性がある

過去の所有者が行っていた情報発信やそのコンテンツが悪い品質だった場合、そのドメインにペナルティがついていることがあります。購入してしまうと、その悪評も引き継いでしまいます。

ペナルティを引き継ぐと、そのペナルティを解除するための労力や時間がさらにかかってしまいます。

不適切なリンクの削除やウェブサイトの改善作業が必要になるため、本来のプロジェクトに費やす予定だった時間と労力が分散されてしまうでしょう。

もし検索エンジンからペナルティをもらっていた場合は、いくらコンテンツの質を高めようと検索上位に表示されない可能性が大きいです。

何度もペナルティをもらってしまうと、ブラックリストに入り永久にドメインが使えなくなってしまう場合もあります。

取り返しがつかないことになる前に、取得予定のドメインがペナルティをもっているかどうかの、慎重な下調べは必須です。

コストがかかる

中古ドメインは他の人が使っていたというイメージから、安く購入できると考えがちですがほとんどの場合で新規ドメインよりコストが高いです。

また費用は過去の運用歴や評価によって異なり、良い評価(ドメインパワーが高いなど)を持っていると同じようにそのコストも大きくなっていきます。

コストの面を考えれば、新規ドメインに軍配が上がり数千円程度で購入ができるので、出来る限り安く済ませたい方は新規ドメインも検討してみると良いでしょう。

検索順位が一気に落ちる場合がある

以前運用されていたWebサイトのコンテンツ内容や、ジャンルと合わない運用方法を行っていると検索順位が落ちてしまう場合があります。

例えば今まではグルメ情報を掲載していたとすると、Googleからはグルメサイトだと認識されているはずです。

しかしあるとき化粧品やコスメ情報などを掲載し始めてしまうと、GoogleからのWebサイト認識がズレが生じてしまいます。

そのためドメインパワーがあるにも関わらず、検索順位がなかなか上がらないと言った現象が起きてしまう場合も。

中古ドメインは過去に運用上の問題があって、販売されておりリスクがあります。以上のデメリットを必ず事前に把握しておきましょう。

中古ドメインのSEOに効果的な使い方

そもそも中古ドメインをどのように使えばSEOに効果があるのでしょうか?

中古ドメインの主な使い方は以下の2つになります

  • メインサイト
  • サテライトサイト

メインサイトして使う

中古ドメインをメインサイト使います。

新規で取得したドメインと同じように使うイメージです。

メインサイトで中古ドメインを使う理由として、上記のメリットで解説したように「ドメインパワー」と「被リンク(バックリンク)の数」です。

検索エンジンからすでにある一定の評価を得ているため、新規ドメインでサイトを開設した場合よりも、インデックスされるスピードが早い場合があります。

ウェブサイト開設当初はおおむね評価がされにくいサイト構造・コンテンツが少ない、質が低いなどに要因から、検索エンジンからの評価を受けにくい場合が多いです。

しかし中古ドメインは以前の運用歴から検索エンジンの評価が受けやすいので、メインサイトとして利用することはSEOとして効果的です。

サテライトサイトとして使う

中古ドメインをサテライトサイトとして使う場合があります。

サテライトサイトとは、メインサイトとは別に立ち上げたサイトです。

メインサイトとは別のサテライトサイトを立ち上げることで、メインサイトへの被リンクを与えることが主な目的です。

検索エンジンは「引用されているサイトは良いサイト」(論文の引用と同じ考え)と判断する傾向があるため、被リンク対策をすることはSEOにポジティブな影響を与えるでしょう。

他のサイトから被リンクをもらうことは非常に難しいです。(特にナチュラルリンクの場合)

  • 監修者として記事を監修
  • タイアップ記事の企画
  • SNSで継続的に情報発信

などが被リンク対策として有名ですが、コストや時間がその分かかります。

しかし有料な被リンクをもらっている中古ドメインを最初から獲得できれば、それらのステップを削減することができ、SEOに好影響を与えることができるでしょう。

新規ドメインの使用がおすすめな人

新規ドメインの使用がおすすめな人はどんな人でしょうか?

新規ドメインの使用がおすすめな人を以下に紹介します。

  • ドメイン購入費用を抑えたい人
  • ドメイン名を自分で決めたい人
  • 自分自身のブランドを確立していきたい人

ドメインを新しく購入する費用は、登録をするだけなら1000円以下で更新料金も1500円(年)程度と中古ドメインを購入するより、かなりの費用を抑えられるはず。

新規ドメインは自分でドメイン名を決めることができます。これからどんなサイトにしていきたいのか、自分自身のブランディングの為にユーザーにとって分かりやすいドメイン名にできるのは中古ドメインにはない魅力です。

新規ドメインは、過去の所有者やコンテンツの影響を受けずにスタートすることができるため、サイトの制作に適しているでしょう。個性的なドメインを作りたい場合も新規ドメインの利用がおすすめです。

中古ドメインの使用がおすすめな人

中古ドメインの使用がおすすめな人は以下です。

  • サテライトサイトとして使用する人
  • サイト運用歴があり、知見をある程度持っている人
  • ある程度パワーを付けた状態で、サイト運用をしたい人

サテライトサイトから、自身が保有するサイトへのリンクを張ることで被リンクを獲得でき、検索エンジンからの評価を高めることに繋がります。

中古ドメインはメリットが大きい分、目的に合ったドメインを見極めるのが難しいため、ある程度の経験値が求められます。そのため中古ドメインは、サイト運用歴や知識がある人にとっては強力な選択肢になるはずです。

中古ドメインの販売サイトとは?

中古ドメインの販売サイトは、インターネット上に数多く存在します。

これらのサイトは、中古ドメインの所有権を取得したい人々と、中古ドメインを手放す人々を繋ぐプラットフォームとなっています。有名な中古ドメインの販売サイトには、以下のようなものがあります。

実際にサイトを訪れてみて、どんな中古ドメインが売られているのかみておくとイメージが湧きやすいかもしれません。

サイトを見るには名前をクリックしてください。

中古ドメイン販売屋さん

選び方や買い方が詳しく解説されており、購入後のアフターフォローも充実しているので、初心者の方にはお勧めのサイトです。

お名前ドットコム

.com.netオークション | .jpドメインオークション

有名レジストラだけあって膨大な中古ドメインを取り扱っています。
少々機能が使いづらいといった点はありますが、最高額は数百万円となる高級ドメインも存在します。

アクセス中古ドメイン

比較的リーズナブルな価格で、ドメインを揃えている評判のいい中古ドメイン販売サイトです。タイムセールも不定期で行っており、当たりのドメインを見つけられることもあります。

これらのサイトを利用することで、中古ドメインを見つけることができるでしょう。

中古ドメインの平均的な値段について

中古ドメインの値段は、その運用歴、人気のキーワード、ドメインの長さ、SEOの価値などによって大きく異なります。

一般的に人気のあるキーワードを含む中古ドメインほど、高価になる傾向があります。平均的な値段は数千円~5万円ほどであり、特に価値の高い中古ドメインは数十万~100万円以上の値段がつけられることも。

しかしいくら値段が高いからといって、そのドメインが効果を発揮するかどうかは分かりません。中古ドメインを購入する目的を事前に明確にしておきましょう。

中古ドメインの平均的な値段は販売サイトによると、サテライト用サイトは3000円~2万5000円。メイン用サイトは1万円~8万円が相場となるようです。

これから中古ドメインをどのように使っていくかを考えつつ、予算を考えていきましょう。

SEO効果を最大限に発揮するには?

中古ドメインはサイト運営を効率的に進められるメリットを紹介しました。

「ドメインパワーがある中古ドメインを使って、新規サイトを制作したい!」

と考える人もいるでしょう。

しかし新規サイトで中古ドメインを適応させるには、ある程度の鑑定眼と経験が求められます。

中古ドメインの効果を発揮するには、過去に運用されていたコンテンツやジャンルが重要になってきます。

知っておきたい中古ドメインのジャンルの重要性

中古ドメインが過去に構築していたコンテンツが、中古ドメインを活用するサイトとのジャンルが近しい場合、ドメインが持っていた信頼性や被リンク、検索エンジンの順位のパワーが新サイトに引き継がれる可能性があります。

自身の事業内容やサービスのジャンルと親和性の高い中古ドメインを取得・購入することで、自社サイトの検索順位の向上や効率的な流入の確保につなげることができます。

気になる中古ドメインのジャンルの確認方法を紹介です。

便利なサイトが「Wayback Machine」です。

URLを入力することで、過去にどのようなコンテンツで運用されていたかが、分かる無料のサービスです。どのくらい運用していたか、ドメインの年齢も調査可能です。

その他にもGoogleでインデクスされているかをみる、「site:ドメイン名」コマンドでも無料で確認することができます。

「Googleから適正な評価を受けているか」

を判断するのに役立ちます。評価を受けていると、写真のように該当ページがいくつか出てくるはずです。

*別記事の中古ドメインの探し方とジャンル確認方法でも詳しく紹介しています。

星の数ほどある中古ドメインを有効活用するには、それなりの準備と下調べが必要です。

ドメイン選びで失敗しないためにも、ジャンルや発信していたコンテンツなどを根気よく調べましょう。

失敗しない!当たり中古ドメインの見分け方

星の数ほどある中古ドメイン。SEOの効果を十分に発揮できるような中古ドメインを選別するのは、多くのチェック項目があります。

しかしそんな時に役立つ、当たりドメイン見分け方のポイント5つを紹介します。

  1. 中古ドメインの活用先のサイトとのジャンル親和性があるドメイン
  2. 1人のオーナーが所有していたドメイン
  3. 良質な被リンクを受けているドメイン
  4. 欧米や日本で運営されていたドメイン
  5. スパムやペナルティを受けていないドメイン

ここでは3つの項目を詳しく解説していきます。

1人のオーナーが所有していたドメイン

中古ドメインを「1人のオーナーが所有していた」ということは、ジャンルが統一されている場合が多く当たりドメインの可能性が高いです。

複数のオーナーに渡って運用されていたドメインには、以前は「美容系」直近は「家電」で運用されていた、というドメインも少なくありません。

1人のオーナーが運用していた方が、ジャンルや提供コンテンツの統一性が取られているので、活用するサイトとの親和性が取りやすく当たりドメインに近づきます。

欧米や日本で運営されていたドメイン

欧米や日本で運営されていたドメインを選ぶことがポイントです。

この理由は分かりいただけますでしょうか?詳しくは言及しませんが、検索エンジンで有名な「Google」は、アメリカの企業ということだけはお伝えしておきます。

ロシア語や中国語、イスラム圏で運用されていたドメインの場合は、取得しない方が無難です。

良質な被リンクを受けているドメイン

良質な被リンクを受けているドメインは、ドメインパワーも高く、当たりドメインな場合が多いです。

ただし被リンクは確かにSEOに対して効果的ですが、悪質なサイト・低品質なサイトからの被リンクはあまり意味がありません。

ジャンルの親和性が高いサイトや政府系(公的機関)からの被リンクは、ドメインパワーを上昇させる要因になるので、積極的に調査すると良いでしょう。

以上が当たりドメインを見分けるポイントでした。ただし、上記に該当すれば「SEOに効果が出る当たりドメイン」と保証するわけではありませんので、ご了承ください。

必ずご自身の目視のチェックは必ず行うようにしてください。

被リンクチェックツールで中古ドメインを調査

どんな被リンクを受けているかどうか、チェックするツールをご紹介します。

  1. Google search console
  2. Ahrefs(*有料)
  3. Majestic(*有料)
  4. hanasakigani
  5. Open Link Profiler
  6. Moz(LinkExplorer)
  7. Bing Webmaster Tool

上記のツールは無料で利用することができます(有料と書いてあるものは無料トライアル版)。

それぞれのツールの詳しい解説はをご覧ください。

中古ドメインの購入後はどうする?

中古ドメインを購入した後は、いくつかの重要なステップを踏む必要があります。中古ドメインを購入した際の契約内容や手続きに注意して、所有権の移転がスムーズに行われるようにしましょう。

購入後のステップの例は以下です。

  1. 中古ドメイン購入後に設定と確認を済ませる
  2. Whois情報の登録・変更
  3. 手動ペナルティのチェック
  4. サーバーの切り替え
  5. ドメイン有効期限の確認

それぞれのステップを簡単に解説していきます。

設定と確認を済ませる

購入した中古ドメインの納品先は、購入したサイトやサービスによって異なるので、事前に確認をしておきましょう。

中古ドメインの設定をする際に、確認して欲しい項目が3つあります。

  • Whois情報の変更
  • Whois公開代行設定
  • 手動ペナルティの確認

whois情報の変更と公開代行設定

whois情報とは「IPアドレス」や「ドメイン名」のなどの登録者情報のことです。中古ドメインは、それらの情報は以前の持ち主のままになっています。

変更をしないと重要なメールが届かなかったり、レジストリ(ドメインを管理する団体のこと)から異なる情報登録がされていると判断され、ドメインが停止される可能性があります。

whois情報は必ず自分のものに変更しておきましょう。

しかしwhois情報はインターネット上に公開されるため、第三者に個人情報が閲覧されてしまう危険性があります。

そんな時に活用して欲しいのが「whois情報公開代行」。これを設定することで、whois情報がドメイン管理会社の情報に変わるため、プライバシーが保たれます。

必ず設定するものではありませんが、第三者に個人情報が見られてしまうことはデメリットしかないので、whois情報公開代行の設定をしておくことをお勧めします。

手動ペナルティのチェック

購入した中古ドメインが手動ペナルティ(Google側が目視で確認して、人力で与えるペナルティのこと)をもらっていないかを確認しましょう。

手動ペナルティをチェックする4ステップは以下です。

  1. Googleにログイン
  2. Googleサーチコンソールにログイン
  3. サーチコンソールにドメインをを登録(プロパティを追加)する
  4. 手動ペナルティを受けているかをチェックする

手動ペナルティを受けていた場合、規定の日にち以内であれば中古ドメイン販売サイトから、全額返金の対応を受けられる場合があります。

サーバーの切り替え

WEBサイトをネットに公開するにはサーバーの準備が必要です。

  1. サーバーを借りる
  2. ドメインとサーバーの紐付けを行う
  3. ネームサーバーを設定する
  4. ドメインの登録・追加を行う

無料のサーバーを貸し出しているところもありますが、「収益を上げたい」といった場合は初めから、機能が充実しサポートも安心な有料のレンタルサーバーをお勧めします。

ドメインの有効期限を確認するf

新規ドメインとは違い、中古ドメイン取得時の有効期限は全く異なります。

残り半年のものや残り1週間なんてものもあります。ドメインが失効するリスクがあるので中古ドメインを購入したら、有効期限も確認しておきましょう。

メリット・デメリットを整理して、中古ドメインを選ぼう

この記事では、中古ドメインのメリット・デメリットをそれぞれ解説してきました。

中古ドメインのメリットは3つありました。

  1. ドメインパワー
  2. 被リンクの数
  3. アクセス数

反対にデメリットとしては、以下の3つがあげられました。

  1. ペナルティを引き継ぐ可能性
  2. 高いコスト
  3. 検索順位に影響

中古ドメインを使う時の注意点や選ぶときのポイントなども参考にしつつ、メリット、デメリットを比較して、中古ドメインを活用できるようにしましょう。

よくある質問

中古ドメインと新規ドメインの違いはなんですか?

中古ドメインとは別の所有者によって保有されていた、運用歴があるドメインです。新規ドメインは所有歴がなく、誰にも使われたことがないドメインです。

中古ドメインのペナルティとは?

中古ドメインにおけるペナルティとは、そのドメインが過去に悪用されたことがある場合や、他人の登録商標や商標権を侵害している場合、検索エンジンから受ける制裁などを指します。

ハズレの中古ドメインを選ばないように気をつける注意点は?

最適な中古ドメインの選ぶ時に気をつける注意点を紹介します。

  • Googleからペナルティを受けていないか
  • 人工的な被リンクを受けている形跡はないか
  • サイトコンテンツやジャンルが自サイトとマッチしているか

以上の項目をWayback Machineやサイトコマンドを活用して調べていきましょう。

概要ページ

このページは、”中古ドメインはSEO効果あり!当たりドメインの選び方とは?“に関連する記事です。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!