初心者必見!SEOに効果的な中古ドメインの選び方から購入後までのステップ | SEO対策研究室

初心者必見!SEOに効果的な中古ドメインの選び方から購入後までのステップ

更新日:

要約:

  • 中古ドメインの活用は、アフィリエイトサイトの運用にも有効。
  • 中古ドメインの値段は、以前の所有者や被リンクなど様々な要素が関係している。
  • 中古ドメインを購入後、そのドメインの移管手順や移管期間も確認して適切な手順を踏むことが重要。

はじめに

中古ドメインとは、第三者が保有する権利が失効したことによって新たに購入できるようになったドメインを指します。

今回は初心者向けに、効果的な中古ドメインの活用方法と、その選び方から購入後までのステップについて解説します。

中古ドメインのメリットとデメリットやリスクは?

中古ドメインは、過去に持っていた信頼性や検索エンジンでの順位などの評価を新しいサイトで引き継ぐことができるというメリットがあります。

SEOを意識したサイト運営者は、その効果を求めて中古ドメインに興味を持つことも少なくありません。

一方で、中古ドメインにはデメリットやリスクも存在します。

第三者や企業によって、過去に悪質なスパム行為や違法な情報が掲載されていた中古ドメインを取得・購入すると、検索エンジンからのペナルティを受けたり、検索結果より消去されてしまい、アクセスが減少してしまう可能性があります。

中古ドメインの失敗しない調べ方と見分け方

ドメインが取得可能かどうかは、まずそのドメインにサイトが存在しているか調査することが重要です。
ブラウザのアドレスバーにURLを入力して、ドメインにアクセスして際、既に所有者が存在している場合は、なんらかのページやステータスが表示されるはずです。

また、WHOISを利用することで、そのドメインの登録情報や登録日時などの登録情報を調べることもできます。

さらに、そのドメインで運用されていたコンテンツや被リンクなどの履歴を確認して、過去に悪質なスパム行為やGoogleのガイドライン違反に該当する違反行為などを行ってないか調べてください。

出来れば取得する前に判定を行いたいところですが、取得・購入後であればGoogle Search Consoleにドメインの登録を行うことで、”ペナルティなどを受けていないか”、または”検索から排除されていないか”を確認することができます。

中古ドメインの値段やジャンルによる違いは効果に関係するのか

中古ドメインの値段は、そのドメインが持つ知名度やGoogleからの順位評価、そのドメインが獲得している被リンクの内容など様々な要素が影響します

また、所有者の存在していない中古ドメインであれば、どのドメイン販売サイトでも比較的低価格で購入することが出来ますが、オークションサイトや中古ドメイン販売サイトの場合は、ジャンルや市場によって価値が異なるため、数万円から数百万円もする値段が付けられていることがあります。

高額で取引される価値の高い中古ドメインは、一般的に以下のような特徴を持ちます。

  • ニーズが高く、人気のあるジャンル(ECサイトやIT系)
  • 広告のクリック単価の高いジャンル(求人系や美容系)
  • 専門家や資格などが必要なジャンル(金融系や医療系など)

中古ドメインを購入する際には、構築するサイトの目的を明確にしつつ、費用対効果も考えて選定すると良いでしょう。

中古ドメインをアフィリエイトサイトで使用する際の選び方

中古ドメインをアフィリエイトサイトで使用する際には、知名度が高く、”評判のよいドメイン”を選びましょう。

一番重要となるポイントは、ご自身が運用しているサイトと、中古ドメインが過去に持っていたコンテンツの関連性です。

コンテンツやジャンルの内容が大きく乖離してしまうと、被リンクや訪問者属性といったSEOに影響があるとされる”効果”を最大限に発揮させることが難しくなります。

インターネット上で悪評が立っていたり、低評価を受けていたり、事業主が過去になんらかのトラブルを起こしていないかをチェックする必要もあるでしょう。

また、アクセス数の多いドメインは、それだけ”人気がある”といった裏付けとなります。
AhrefsやMozといった様々なサードパーティーツールなどを活用することで、所有していないドメインであってもトラフィック解析が可能です。
中古ドメインの取得・購入前には”ドメイン調査”を忘れずに行うようにしましょう。

中古ドメインの購入方法と購入後の注意点

ドメインレジストラが保有している中古ドメインを直接販売・オークションを行っているようであれば、購入したいドメインを選定して、カートに入れるだけでほとんどの場合はすぐに決済可能です。

中古ドメインの購入後は、該当レジストラのご自身のアカウント内に取得されている事が確認できるので、そのまま利用するもよし、別のレジストラに移管するのもよしです。

移管機能を利用する場合は、各レジストラ毎の移管手順・期間も確認して、適切な手順を踏んでご自身のレジストラに移管を行ってください。

また、所有者の存在しない中古ドメインをご自身で見つけた場合は、どのレジストラで取得しても問題ありません。

この場合は、中古ドメインとして販売されているようなプレミアム価格は付いておらず、各レジストラの定価で購入することが可能です。

gTLDや属性型JPドメインといった種類によって価格は異なるものの、一般的に中古ドメインとして販売されているドメインよりは、低価格で取得することが可能です。

まとめ

アフィリエイトサイトをはじめ、サイト運営において大きな影響力を持つ中古ドメインの選び方と購入方法について解説しました。

販売されている中古ドメインの販売価格は、ジャンルや履歴といった様々な因子が関連しています。
特に中古ドメインを業者から購入する場合は、
値段のみで判断せず、利用目的や構築するサイトとの相性を考慮しつつ、ドメインを選定すると良いでしょう。

概要ページ

このページは、”中古ドメインはSEO効果あり!当たりドメインの選び方とは?“に関連する記事です。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!