中古ドメインリストからのドメイン取得で失敗しないポイント | SEO対策研究室

中古ドメインリストからのドメイン取得で失敗しないポイント

中古ドメインリストからのドメイン取得で失敗しないポイント

更新日:

要約:

  • 中古ドメインのリストから取得するドメインを選定する時には、中古ドメイン活用のデメリット・リスクを理解・確認することが最低限必要。
  • その上で、運用するサイトの目的を明確にし、費用対効果の合う価格帯のドメインを購入することが望ましい。
  • 運用するサイトと同じジャンルで過去に運用されていた履歴を持つドメインを活用することで、よりSEO効果を期待できる。

はじめに

中古ドメインリストを使ってドメインを取得する際には、他の方法と同じく、中古ドメインのデメリットやリスクを理解することが重要です。

使用目的を明確にし、その目的に適したドメインを選ぶように心がけましょう。

中古ドメインのメリットとデメリット・リスクとは

中古ドメインとは、すでに他の人が所有していたドメインを購入することを指します。中古ドメインには、次のようなメリットとデメリット・リスクがあります。

メリット

  • 新しいドメインを取得するよりも安いことが多い。
  • 過去に運用していた信用を引き継ぐことができる
  • 同じような名前の新しいドメインを取得することができない場合があるが、中古ドメインはすでに取得済みのため、取得できる可能性がある。

デメリット・リスク

中古ドメインの過去の履歴を引き継げる点は、メリットでもありますが、過去に悪質なサイトを運営していた場合は、デメリットにもなりうると言えます。具体的には下記の問題などがあります。

  • スパム問題
    中古ドメインは過去に使用されていたため、スパムやマルウェアなどの悪質なサイトを運営していた可能性がある。そのため、Googleのスパムリストや他の検索エンジンのスパムリストに載っていないか確認が必要。
  • ランキングの問題
    中古ドメインは過去に使用されていたため、検索エンジンのランキングが低い可能性がある。そのため、ドメインのランキングを調査し、どれほどランキングが低いかを確認する必要がある。
  • ブランドイメージの問題
    中古ドメインは過去に使用されていたため、ブランドイメージや評判が悪い場合がある。そのため、ドメインのブランドイメージが良好かどうかを調べる必要がある。
  • アプリケーションやプラットフォームの問題
    中古ドメインは、使用されているアプリケーションやプラットフォームが古いことがある。そのため、ドメインで使用されているアプリケーションやプラットフォームが最新かどうかを確認する必要がある。

中古ドメインの取得で失敗しないための検索方法と見分け方。

中古ドメインを見つける方法は以下の通りです。

  • 中古ドメインマーケットプレイスを使う
    中古ドメインを扱っているサイトを利用し、興味のあるドメインがあれば購入できます。
  • Whoisデータベースを使う
    Whoisデータベースで、ドメインの所有者や有効期限などの情報を調べることができます。
  • Google検索を使う
    Googleで検索し、中古ドメインを扱っているサイトを見つけられます。興味を持ったドメインがあれば、そのサイトで購入できます。
  • 中古ドメインの販売サイトを直接検索する
    中古ドメインを扱っているサイトを探し、興味を持ったドメインがあれば購入できます。
  • 中古ドメインリストを入手する
    中古ドメインの販売サイトが提供するドメイン一覧を利用し、価格や有効期限、その他の情報を確認して、どのような中古ドメインがあるかを知ることができます。

中古ドメインを検索・選定する際の注意点として、価格が挙げられます。中古ドメインは新しいドメインに比べて安いことが多いですが、価格が安すぎる場合は、そのドメインに問題がある可能性があります。そのため、価格を確認し、適切かどうかを見極めることが大事です。また、使用されているアプリケーションやプラットフォームが最新かどうかもチェックすることが求められます。

中古ドメインリスト購入後のドメインの選び方

中古ドメインリストから取得するドメインを選ぶ際、他の選択方法と同じように、まずは中古ドメインに関するデメリットやリスクを把握し、それらを確認することが基本的な作業となります。そのうえで、運営予定のウェブサイトの目的をはっきりさせ、コストパフォーマンスに優れた価格帯のドメインを選ぶことが、理想的な選択肢だと言えるでしょう。

さらに、購入を検討しているドメインが以前に活用されていたビジネスやウェブサイトのカテゴリと、自分が運営しようとしているウェブサイトのカテゴリが一致しているかどうかという点も、選定基準のひとつとして検討すべき要素です。このように、中古ドメイン選びには慎重な判断が求められますが、適切なドメイン選びがサイト運営の成功に繋がることも多いため、細心の注意を払って選択を行いましょう。

中古ドメインのジャンルによる効果の違いはあるのか

中古ドメインを利用することで、過去にそのドメインが活用されていたビジネスやウェブサイトの対象となる層にアクセスできるチャンスがあります。さらに、そのドメインが過去に使用されていた分野と、これから運営するウェブサイトの分野が一致していれば、検索エンジン最適化(SEO)の効果も見込めるでしょう。

例えば、以前そのドメインが医療関係のビジネスで使われていた場合、同じく医療関係の対象層にアクセスできることが期待できます。また、過去に使用されていた分野が医療関係であるなら、SEOの効果も十分に期待できるでしょう。

しかし、そのドメインが過去に使われていた分野とは異なるビジネスやウェブサイトを運営する場合には、過去の分野の対象層にアクセスできないことも考えられます。また、異なる分野のウェブサイト運営では、SEOの効果も期待しにくくなることがあります。

このように、中古ドメインを使用する際には、過去にそのドメインが活用されていた分野と、これから運営するビジネスやウェブサイトの分野が一致しているかどうかも検討すべき要素となります。これを考慮することで、中古ドメインの利用効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

まとめ

中古ドメインを適切に活用するには、利点と欠点やリスクを把握し、適切な選択を心掛けることが必要です。初めに、中古ドメインの過去の履歴や信頼性、バックリンクを検討し、使用目的に合ったものを選んでください。加えて、中古ドメインリストから選ぶ際は、運用予定のウェブサイトの目的やカテゴリと一致していることを確認し、コストパフォーマンスが良い価格帯で購入することが望ましいです。

中古ドメインのカテゴリと運営予定のウェブサイトのカテゴリが一致する場合、対象層へのアクセスや検索エンジン最適化(SEO)の効果を期待できます。しかし、カテゴリが異なる場合は、対象層へのアクセスやSEO効果が得られないことがあるため、注意が必要です。そのため、中古ドメインを選定する際は、過去にどのようなカテゴリで利用されていたか、そして今後運営するウェブサイトのカテゴリとの整合性を確認することが重要です。これらの点を考慮して、中古ドメインを効果的に活用していきましょう。

概要ページ

このページは、”中古ドメインはSEO効果あり!当たりドメインの選び方とは?“に関連する記事です。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!