逆SEO | SEO対策研究室

逆SEO

更新日:

逆SEOとは

SEOは、検索結果の順位を意図的に下げるための施策です。
SEO(検索エンジン最適化)の逆を行い、「ネガティブSEO」や「リバースSEO」とも呼ばれます。
この手法は主に、企業や個人に不利な情報や悪評を検索結果で下位に押し下げることを目的としています。

逆SEOの目的

逆SEOは以下のような目的で利用されます。

  • 自社や個人に対する否定的な情報や評判が出ないよう対応する。
  • Googleなどの検索結果で自身にネガティブな影響が出ないよう最小限に抑える。

逆SEOの方法

逆SEOでは、検索順位を下げたいサイトに対して直接的なアクションを取るのではなく、他のサイトの検索順位を向上させることで、対象のサイトを相対的に下げる手法を採用します。
例えば、誹謗中傷や悪評の記載されたウェブサイトが検索上位にある場合、質の高いコンテンツを作成してそのサイトの順位を結果的に下げる手段です。
逆SEOは、自社や自身のオンライン評判を保護するための有効な方法ですが、倫理的な側面から慎重に取り扱う必要があります。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!