メタタグ | SEO対策研究室

メタタグ

更新日:

メタタグとは?

メタタグとは、HTMLコード内の主にヘッダに書かれる特別なタグで、ウェブページに関する情報を検索エンジンやブラウザに伝える役割を持っています。
メタタグには様々な種類があり、ページの説明、文字コード、タイトル、内容の種類など、多岐にわたる情報を提供します。
これらの情報はウェブサイトの訪問者には直接見えませんが、検索エンジンがウェブページを理解し、適切にインデックスする(目次のようなもの作る)ために役立ちます。

メタタグの役割

メタタグは、ウェブページの内容や特性を検索エンジンやブラウザに伝えるために使われます。
例えば、ページの説明文メタタグ(meta description)は検索結果に表示される説明文を提供し、ページのタイトルタグ(title)はブラウザのタブに表示されるページのタイトルを指定します。
このように、メタタグはウェブページのSEO(検索エンジン最適化)において重要な役割を果たします。

主なメタタグの種類

様々な種類がありますが、以下は特によく使われるメタタグです。

  • メタディスクリプションタグ(meta description)
    ページの簡潔な説明を検索結果に表示します。
  • タイトルタグ(title)
    ページのタイトルを指定することでブラウザのタブや検索結果に表示されます。
  • OGPタグOpen Graph Protocol
    ソーシャルメディアで共有された時の見た目を制御します。
  • ビューポートタグ(viewport
    モバイルデバイスでのページ表示方法を指定します。
  • 文字コードタグ(charset)
    ページの文字コードを指定します。
  • noindex/nofollowタグ
    検索エンジンに対してページをインデックスしないよう指示したり、リンクを追跡しないように指示します。
  • メタキーワードタグ(meta keywords)
    かつてはページの内容に関連するキーワードを指定するのに使われましたが、現在はほとんど使われていません。

メタタグの確認方法

ウェブサイトのメタタグを確認したい場合は、ブラウザでそのページを開いて右クリックし、「ページのソースを表示」を選択します。
HTMLコードが表示されますので、headタグ内にある「<meta 〇〇>」という形式のタグを探してください。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!