meta description | SEO対策研究室

meta description

更新日:

meta descriptionとは

meta description(以下メタディスクリプション)は、検索エンジンの検索結果画面に表示される、ウェブページの内容を要約した短いテキストのことです。
通常、約100文字程度で表現され、検索結果においてページのタイトルの下に表示されるスニペットとして現れます。
この簡潔な説明は、ユーザーが検索結果を見て、どのリンクをクリックするかを決定する際に参考になります。

メタディスクリプションの配置

メタディスクリプションは、ウェブページのHTMLソースコード内のheadタグ部分に記述されるmetaタグの一種です。
このタグは、検索エンジンのクローラーに対してページの概要を伝える役割を持ち、ウェブページ自体には表示されません。検索結果のスニペットとしてのみ機能します。

メタディスクリプションの役割

メタディスクリプションは、検索を行ったユーザーに対して、ウェブページの内容を簡潔に伝えることで、検索結果でのクリック率を向上させる役割を果たします。
ユーザーがメタディスクリプションを読んで、求めている情報と合致すると判断した場合、クリックしてページを訪問する可能性が高まります。
反対に、内容が期待に合わない場合、離脱率に影響を与える可能性があります。

メタディスクリプションの自動生成

メタディスクリプションは、ウェブページの運営者が明示的に設定しない場合、検索エンジンがページの内容から自動的に抜粋を生成して表示することがあります。
しかし、ページの内容を正確に反映させ、効果的なユーザー誘導を行うためには、独自のメタディスクリプションを設定することが推奨されます。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!