ワイヤーフレーム | SEO対策研究室

ワイヤーフレーム

更新日:

ワイヤーフレームとは?

ワイヤーフレームは、ウェブサイトやアプリの初期段階で作成される設計図のようなものです。
この設計図は、ウェブサイトの基本的な構造を示し、「何を、どこに、どのように」配置するかを決定します。
ワイヤーフレームは通常、グラフィックデザインや色などの詳細を省いたシンプルな形式で、サイトの骨組みやページのレイアウトを視覚化します。

ワイヤーフレームの役割と利用方法

ワイヤーフレームは、グレースケール(白黒)で作成されることが多く、ウェブサイトやアプリの実際のデザイン作業に入る前の段階で重要な役割を果たします。
このツールを利用することで、開発者やデザイナーは、完成時のイメージを「見える化」し、サイトの構造や情報の配置を明確にできます。
この段階では、実際のコンテンツやデザイン要素よりも、サイトの機能やユーザーの流れに焦点を当てます。

ワイヤーフレームの重要性

ワイヤーフレームを用いてコンテンツを整理し、サイトのレイアウトを計画することは非常に重要です。
また、プロジェクトチーム内でのコミュニケーションツールとしても役立ち、チームメンバー間での認識のすり合わせを行うのに有効です。
ワイヤーフレームを使うことで、プロジェクトの初期段階での誤解を防ぎ、開発プロセスをスムーズに進めることができます。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

SEOお見積り相談

SEO資料請求お見積り相談

お気軽にSEOチェック

お気軽にSEOチェック

初心者向けアドバイス

初心者~中級者向けSEOアドバイス

ダウンロード

PDF資料ダウンロード

関連タグ

#UI/UXデザイン #ウェブサイト設計 #コミュニケーションツール #プロトタイピング #ページレイアウト #ワイヤーフレーム #情報構造 #開発プロセス

AIでSEO対策