PMP | SEO対策研究室

PMP

更新日:

PMPとは

PMP(Private Market Place)は、特定の広告主とメディアのみが参加できるプログラマティック広告取引市場です。

PMPの目的

PMPは、高品質なプレミアムメディアを機械取引によって購入することを目的としています。
これにより、ターゲティングとブランディングの両面で効果を発揮する新しい広告配信手法を提供します。

PMPの特徴

PMPでは、媒体社が運営するウェブサイトの広告枠を広告主が指名して購入できる仕組みが特徴です。
広告主は、ブランドセーフティ、ビューアビリティ、ウェブサイトのテーマ、広告掲載面などを考慮して、掲載メディアを選択できます。

PMPのメリット

オープンなRTB(Real Time Bidding)市場では、広告枠の品質や透明性に課題がありましたが、PMPでは広告を掲載するメディアが明確であるため、特にTVCMなどのブランド広告主にとって有利です。
これにより、PMPはシェア拡大が期待されています。

PMPの重要性

PMPは、デジタル広告の世界において、よりコントロールされた環境での広告配信を可能にし、ブランドの安全性と効果的な広告展開を実現します。
これにより、広告主はターゲットオーディエンスに対してより精密なアプローチを行うことができます。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!