マイクロコンバージョン | SEO対策研究室

マイクロコンバージョン

更新日:

マイクロコンバージョンとは

マイクロコンバージョン(MCV)は、Webサイト上でのユーザー行動の中で、最終的なコンバージョン(例: 商品購入、問い合わせ、登録など)に至る前の中間段階での重要なアクションを指します。
これには、記事の閲覧、商品ページの滞在時間、カートへの商品追加などが含まれます。

マイクロコンバージョンの具体例

マイクロコンバージョンには様々な形があります。

例えば、

  • Webサイトでの記事の閲覧数
  • 商品ページの滞在時間
  • オンラインストアでのカートへの商品追加

これらはすべて、顧客が購入に至る前の重要なステップを示しています。

マイクロコンバージョンの役割

マイクロコンバージョンは広告運用の有効な指標として機能します。
これはリスティング広告やFacebookなどのSNS広告においても同様で、マーケティング活動の効果をより詳細に分析するのに役立ちます。

マイクロコンバージョンのメリット

マイクロコンバージョンを活用するメリットには以下のような点があります。

  • コンバージョン数が少ない場合でも、効果測定の指標として活用できる。
  • 自動入札などの広告運用ツールを利用する際に重要な情報を提供する。
  • ユーザー行動を可視化し、ウェブサイトの改善や最適化に役立てることができる。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

SEOお見積り相談

SEO資料請求お見積り相談

お気軽にSEOチェック

お気軽にSEOチェック

初心者向けアドバイス

初心者~中級者向けSEOアドバイス

ダウンロード

PDF資料ダウンロード

関連タグ

#ウェブマーケティング #エンゲージメント測定 #コンバージョン率 #サイト最適化 #マイクロコンバージョン #ユーザー行動分析 #広告効果分析 #顧客旅程

AIでSEO対策