DSP | SEO対策研究室

DSP

更新日:

DSP(Demand-Side Platform)とは?

DSPは、広告主がインターネット上で自分の広告をより効果的に配信できるようにするためのプラットフォームです。
このツールを使用することで、広告主や広告代理店は、広告の購入、配信、ターゲティングなどを一元管理し、自動で最適化することができます。

DSPの機能と利点

広告主はDSPを通じて、ターゲットとなるオーディエンス、予算、広告の種類などを設定し、その後はDSPが自動的に最も効果的な広告配信を行います。
これにより、広告主は効率的に広告キャンペーンを運営し、ターゲットに合わせた広告を正確に配信することができます。

DSPとSSPの関係

DSPは、SSP(Supply Side Platform)と呼ばれる媒体側のプラットフォームと連携して機能します。
SSPは、ウェブサイトやアプリなどのメディア側が広告スペースを管理し、広告主に売り出すためのプラットフォームです。
DSPとSSPが連携することで、広告主は最適な広告枠を効率的に購入し、広告を配信することが可能になります。このシステムにより、デジタル広告の取引がスムーズで効率的に行われるようになります。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

SEOお見積り相談

SEO資料請求お見積り相談

お気軽にSEOチェック

お気軽にSEOチェック

初心者向けアドバイス

初心者~中級者向けSEOアドバイス

ダウンロード

PDF資料ダウンロード

関連タグ

#DSP #SSP連携 #オーディエンスターゲティング #ターゲティング #デジタル広告 #プログラマティック広告 #広告キャンペーン管理 #広告最適化

AIでSEO対策