クラスターページ | SEO対策研究室

クラスターページ

更新日:

クラスターページとは?

クラスターページとは、特定の主題やテーマに関連する詳細な情報やサブトピックを紹介するウェブページのことを指します。
これは、ある特定の広範囲のトピックについてユーザーにより深く、具体的な知識を提供するために作成されます。
こうしたページは、一般的にピラーページと連携して機能し、ピラーページが概説する内容をさらに深掘りして説明します。

クラスターページの役割

クラスターページは、ピラーページに紹介された主要なトピックやキーワードに関連するサブトピックや詳細情報を提供することにより、ウェブサイトの構造を強化します。
これにより、サイト訪問者は関心のある特定のトピックについて詳細な情報を得ることができます。

クラスターページのメリット

  • ユーザーエクスペリエンスの向上
    訪問者は、興味のあるトピックについてより詳細な情報を簡単に見つけることができます。
  • SEOの強化
    サイトのトピックに関連するキーワードでの検索エンジンのランキングが向上します。
  • 情報の整理
    関連する情報をクラスター化することで、コンテンツをユーザーにとって理解しやすい形で提示できます。

クラスターページの作成方法

  1. ピラーページの選定
    メインとなるトピックやテーマを決定します。
  2. サブトピックの特定
    メイントピックをさらに詳細に掘り下げるサブトピックを選びます。
  3. コンテンツの作成
    各サブトピックについて、有用で価値のあるコンテンツを作成します。
  4. 内部リンクの設定
    クラスターページをピラーページにリンクし、関連性を強化します。

クラスターページを使用することで、ウェブサイトのコンテンツを組織化し、訪問者にとって有益な情報源となることができます。
また、検索エンジン最適化(SEO)の観点からも、ウェブサイトの構造を改善し、検索結果での可視性を高めることが可能になります。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!