CGM | SEO対策研究室

CGM

更新日:

CGMとは

CGM(Consumer Generated Media)は、一般ユーザーによって作成されたコンテンツに基づくメディアのことを指します。
直訳すると「消費者生成メディア」となり、この形態のメディアはユーザー主導でコンテンツが生成されます。

CGMの具体例

CGMには、多様なプラットフォームが含まれます。

具体的には、

  • ブログや掲示板
  • 口コミ投稿サイト
  • ソーシャルネットワーキングサービス(SNS
  • ユーザーが書き込むレビューや口コミ

これらはすべて、一般ユーザーによって生成されたコンテンツを通じて情報が共有される場です。

CGMの特徴

CGMは、ウェブサイトを訪れるユーザーが自発的に情報を発信し、それによって形成されるメディアの環境です。
これにより、情報の共有や意見交換が促進され、コミュニティが形成されます。

CGMとUGCの違い

CGMとUGC(User Generated Content、ユーザー生成コンテンツ)との違いは、CGMがUGCが生成される「場所」や「環境」と捉えられることです。
CGMはUGCの投稿を可能にするプラットフォームやメディアを指し、UGCはそのプラットフォーム上でユーザーによって作成される具体的なコンテンツです。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!