Cache | SEO対策研究室

Cache

更新日:

Cache(キャッシュ)とは

Cache(キャッシュ)は、コンピューター用語で、頻繁に使用されるデータや命令を保持する高速なデータストレージの一部を指します。
この言葉は英語で「貯蔵所」や「隠し場所」という意味を持ちます。

キャッシュの機能

キャッシュは、低速な記憶装置や伝送路から読み出したデータのうち、直近に読み込んだものや使用頻度が高いものを高速な記憶装置に複製して保持します。
これにより、データへのアクセス時間を短縮し、システムの全体的なパフォーマンスを向上させる役割を果たします。

キャッシュの具体例

Webブラウザは、一度閲覧したページやそのページで使われている画像をキャッシュとしてハードディスクに保存します。
キャッシュが保存されると、一度見たWebページの表示速度が向上し、効率的なブラウジングが可能になります。

キャッシュとCookieの違い

キャッシュと似た言葉に「Cookie」がありますが、これらは異なる概念です。
Cookieは、ユーザーのブラウジング習慣や設定情報を保存する小さなデータファイルで、Webサイトがユーザーのブラウザに送信するものです。
一方、キャッシュは主にデータの高速アクセスを目的としています。

このように、Cacheはコンピューターシステムにおいてデータアクセスの効率化を図るための重要な概念です。
Webブラウジングの速度向上やシステムパフォーマンスの改善に大きく寄与しています。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

SEOお見積り相談

SEO資料請求お見積り相談

お気軽にSEOチェック

お気軽にSEOチェック

初心者向けアドバイス

初心者~中級者向けSEOアドバイス

ダウンロード

PDF資料ダウンロード

関連タグ

#ウェブブラウザ #ウェブページ読み込み #キャッシュ #クッキーとの違い #データ保存 #パフォーマンス向上 #効率的ブラウジング #高速アクセス

AIでSEO対策