WebP | SEO対策研究室

WebP

更新日:

WebPとは

WebPは、Googleによって開発された画像フォーマットで、特にウェブ用途においてファイルサイズの削減と画質の維持を同時に実現します。
このフォーマットは、画質を損なうことなく画像データを効率的に圧縮する能力に優れています。

WebPの特徴

この画像フォーマットは、可逆圧縮においてPNGファイルよりも約26%軽量であり、非可逆圧縮の場合、JPEGと比較して25~34%小さいファイルサイズを実現するとGoogleは報告しています。
このように、高い圧縮効率を持つことで、ウェブページの読み込み速度の向上に貢献し、SEO対策にも効果的です。

WebPの利点

  • サイトの表示速度の向上
    WebPの採用により、ページの読み込み速度を改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。
  • 多様な機能のサポート
    透明性を持つ画像やアニメーションの作成が可能であり、幅広い用途に利用できます。
  • コスト削減の可能性
    ファイルサイズが小さいため、サーバーのデータ使用量を減らし、ホスティングコストの削減につながる可能性があります。

WebPの対応状況と使用方法

2010年に開発されたWebPフォーマットは、現在、多くの主要ブラウザに対応しています。
ただし、一部のブラウザではまだサポートされていない場合があるため、ウェブサイトでの利用時には互換性を考慮する必要があります。
WebPファイルは「.webp」拡張子を持ち、WebPに対応したブラウザや特定のプラグインを使用して簡単に表示や変換が可能です。

このフォーマットは、ウェブページのパフォーマンス向上に貢献し、豊かなビジュアルコンテンツを低いコストで提供するための有効な手段となっています。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!