INP | SEO対策研究室

INP

更新日:

INPとは?

INP(Interaction to Next Paint)は、ウェブページの応答性を測定する新しい指標で、ユーザーがページに対して行った操作(クリックやタップ、キーボード入力など)から、視覚的な更新が画面上で確認できるまでの時間を計測します。
この指標は、ウェブページの利用者体験におけるインタラクティブ性の品質を評価するために設計されました。

INPの重要性

INPは、ウェブページの利用者が体験する実際の応答時間をより正確に反映します。
ユーザーが操作を行った後、どれだけ迅速にページが反応するかは、ウェブサイトのユーザビリティや満足度に直接関わります。
INPは、ページがどれだけ「利用しやすい」かを示す指標として、ウェブ開発者やウェブマスターにとって価値の高い情報を提供します。

INPとFIDの違い

  • FID(First Input Delay)
    ユーザーがページで最初のインタラクションを行った際に発生するブラウザの処理遅延を測定します。
    FIDは、最初の入力とブラウザがその入力に反応するまでの遅延に焦点を当てています。
  • INP(Interaction to Next Paint)
    FIDよりも包括的な指標で、ユーザーの操作に対する反応時間だけでなく、その操作が完了してからページが視覚的に更新されるまでの時間も考慮します。
    これにより、ユーザーの体験をより総合的に評価することが可能です。

INPの計測方法

INPの計測は、ウェブページ上でユーザーが行うさまざまなインタラクションを通じて行われます。
特に、ページの利用が頻繁に行われる部分や、ユーザーのエンゲージメントが高い機能に対する応答性が重視されます。
ウェブ開発者は、この指標を用いて、ページのパフォーマンス改善に向けた具体的なアクションを計画できます。

INPの最適化

INPを改善するためには、JavaScriptの実行時間の最適化、ページのレンダリングパフォーマンスの向上、非同期処理の効率化など、さまざまな技術的なアプローチが必要です。
また、ユーザーが最も頻繁に使用するページの要素に焦点を当て、これらの要素の応答性を優先的に改善することが推奨されます。

INPの役割

INPは、ウェブページの利用者体験を向上させるための重要な指標として、2024年3月からコアウェブバイタル(CWV)の一部となります。
ウェブ開発者は、この指標を活用して、ユーザーにより快適なウェブ体験を提供することが期待されています。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!