ハッシュタグ | SEO対策研究室

ハッシュタグ

更新日:

ハッシュタグ(HushTug)とは

ハッシュタグ(#)とは、ハッシュマーク(#)と文字を組み合わせたタグのことを指します。
主にSNS上で特定のトピックを分類したり、投稿内容を強調するために使用されます。

ハッシュタグの起源

ハッシュタグは、2007年にクリス・メッシーナ氏がTwitter(現X)で提唱しました。
今では、主要なSNSで幅広く使用されるようになっており、地名やブランド名、感情、フレーズなど、多岐にわたる用途があります。

ハッシュタグの使い方

ハッシュタグの使い方は簡単です。
#(ハッシュマーク)の後にキーワードを入力し、スペースを空けずに続けて入力します。
複数のハッシュタグを使用する場合は、スペースを空けるか改行して入力します。

例:

ハッシュタグの効果

ハッシュタグを上手に使うことで、情報収集や情報拡散の双方で役立ちます。
特定のイベントやキャンペーンのハッシュタグを使用することで、関連する投稿をまとめて検索できたり、商品や人物の情報なども効率的に集められます。

SEO対策としての活用方法

ハッシュタグの使用は、SEO対策にも効果的です。
特にSNS上の投稿がGoogleの検索結果に影響を与えることがあり、適切なハッシュタグを使用することで、検索エンジンの評価を高めることができます。
これは、特定のジャンルやテーマに関連する投稿を検索エンジンが訴求することで、その人物や組織のアカウントの専門性(E-E-A-T)を高める可能性があるためです。

Googleによるハッシュタグ検索の導入

Googleは日本市場でハッシュタグ検索機能を導入しました。
これにより、ユーザーは特定のハッシュタグを検索することでGoogle検索においても関連情報を効率的に見つけることができるようになりました。
この機能は、SNS上のトレンドや話題に素早くアクセスできる手段を提供します。

Google検索時の利用方法

Google検索のクエリに「#」を付けると、ハッシュタグ付きのコンテンツが検索結果に表示されます。SNS上におけるハッシュタグがSEOにおいても効果を発揮するようになったため、キーワードなどうまく活用新たな検索流入を獲得できる可能性が高まりました。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!