502エラー | SEO対策研究室

502エラー

更新日:

502エラー(Bad Gateway)とは?

502エラーとは、別名「Bad Gateway」とも呼ばれ、インターネット上でウェブページを見ようとしたときに遭遇する可能性があるエラーメッセージの一つです。
このエラーは、あなたがアクセスしようとしているウェブサイトのサーバーが、別のサーバーからの情報を正しく受け取れなかったときに表示されます。
つまり、このエラーはサーバー間の通信問題を示しており、その結果ウェブサイトのコンテンツが一時的に利用できなくなっている状態です。

502エラーが起こる理由

502エラーは主に、あなたがアクセスしようとしているウェブサイトのサーバーと、そのサーバーが情報を取得しようとしている他のサーバーとの間で通信障害が発生したときに起こります。
これは、サーバーが過負荷状態にある、メンテナンス中である、設定ミスがあるなど、様々な原因によるものです。
一般的に、この問題はサーバー側で発生していることが多いため、利用者側で直接的に解決することは難しくい現象です。

502エラーの対処法

502エラーに遭遇したとき、以下の方法で対応することができます。

  1. リロードしてみる
    サーバ側のウェブサイトが更新中であったり、メンテナンスを行っていた可能性があります。
  2. アクセス集中が緩和されるのを待つ
    サイトが一時的にアクセス過多でダウンしている場合、しばらく待ってから再度アクセスしてみてください。
  3. ファイアウォールで起きている問題を修正する
    あなた側のネットワークやファイアウォールの設定ミスが原因である可能性もあります。
  4. 問題のあるプラグインを無効化する
    特にWordpressを使用している場合、特定のプラグインが原因で502エラーが発生していることがあります。

ほとんどの場合、502エラーはウェブサイトの運営者側での問題なので、利用者側でできることは限られており、基本的にはサイト管理者の対応を待つ必要があります。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!