特許取得のお知らせ:キーワード収集方法、情報処理装置およびプログラム(特許JP7462198) | 柏崎剛のSEO対策研究室

特許取得のお知らせ:キーワード収集方法、情報処理装置およびプログラム(特許JP7462198)

この度、柏崎剛が発明した「キーワード収集方法、情報処理装置およびプログラム」が、特許JP7462198(WIPO)(JPO)として正式に認められました。
この特許は、検索エンジン技術の分野における重要な進展を示しています。

本特許は、GoogleやYahoo!、Bingといった主要な検索エンジンが提供する関連キーワード(サジェストキーワード、再検索キーワード、キーワード候補)や、ウェブページ上で頻繁に使用される単語(共起語)の出現頻度や重複回数をカウントすることにより、キーワードの重み付けを行う独自の方法を提供しています。

この方法は、関連キーワードの収集と解析において、より精度の高いデータを提供することができるため、SEO戦略において非常に有用です。

具体的には、以下のような効果が期待されます。

  1. 検索エンジン最適化(SEO)の向上
    関連キーワードの重み付けにより、より効果的なキーワード選定が可能となり、検索エンジン上でのランキング向上が期待できます。
  2. コンテンツマーケティングの強化
    頻出キーワードの分析により、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツ作成が容易になります。
  3. AIによる記事生成の向上
    適切なキーワード選定により、AIを用いた記事生成が効果的になり、質の高いコンテンツ作成が可能となります。

この特許技術は、ウェブページや関連キーワードの分析において、頻出単語の出現頻度を効果的に計算し、それに基づいてキーワードの重要性を判断することを可能にします。この技術により、SEOおよびコンテンツマーケティングにおいてより高度な戦略が実現可能となります。

今後も、柏崎剛はより効果的なSEO戦略の開発と提供に努めてまいります。本特許技術を活用した新しいソリューションの提供により、ネットマーケティング業界に貢献できることを楽しみにしています。

引き続きご支援とご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

詳細については、以下のリンクをご参照ください。
柏崎剛の特許JP7462198に関する詳細

記事が気に入ったらシェアをお願いします!