DoS | SEO対策研究室

DoS

更新日:

DoS(Denial of Service)とは

DoSは、サービス妨害を目的としたネットワーク攻撃の一種で、サーバーやネットワークシステムに大量のリクエストを送りつけることにより、正常なサービス提供を妨害します。
この攻撃は、サーバーのリソースを過剰に消費させ、正規のトラフィック処理を妨げることで機能させます。

DoS攻撃の実施方法と対象

DoS攻撃は、インターネットプロトコルの特性やサーバーアプリケーションの脆弱性を突くことで行われます。
企業や個人のサーバーやネットワークが主な標的となり、これによりビジネスや個人のオンライン活動に重大な影響を及ぼすことがあります。

DoS攻撃とDDoS攻撃の違い

DoS攻撃は一台のコンピューターから行われるサイバー攻撃です。
これに対して、DDoS(Distributed Denial of Service)攻撃は複数のコンピューターから一斉に攻撃が行われる点が異なります。

DoS攻撃は、サーバーやネットワークのセキュリティ対策を考慮する上で重要な課題です。
サーバーの安定した運用とユーザーの安全なオンライン体験を確保するために、適切な防御策が求められます。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!