ロングテール | SEO対策研究室

ロングテール

更新日:

ロングテールとは

ロングテールは、インターネット販売におけるマーケティング用語で、売れ筋商品よりも販売数の少ない商品群の売り上げ合計が上回る現象を指します。

ロングテールの由来

この用語は、アメリカの「Wired」誌の編集長クリス・アンダーソンによって提唱されました。
ロングテールという名称は、オンラインビジネスにおいて個別商品を販売ランキング順に並べ、売上実績をグラフ化すると恐竜の尻尾のように見えることから名付けられました。

ロングテール戦略のデメリット

ロングテール戦略を行う際のデメリットには以下の点があります。

  1. 商品ページの作り込みに時間がかかる。
  2. 結果が出るまで時間がかかる。
  3. 在庫管理にコストがかかる。
  4. Webマーケティングスキルが必要。

ロングテール戦略の意義

ロングテール戦略は、ニッチな市場や特定の顧客層に焦点を当てることで、大量生産・大量販売の商品にはない独自の価値を提供します。
この戦略により、多様なニーズに対応し、新たな顧客層を開拓することが可能になります。

このように、ロングテールはインターネット販売における重要な概念であり、多様な商品を扱うことで市場全体の売り上げを増やす戦略です。
ただし、その実施には時間やコスト、専門的なスキルが必要となる場合があります。

この記事は役に立ちましたか?

送信ありがとうございます。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

SEOお見積り相談

SEO資料請求お見積り相談

お気軽にSEOチェック

お気軽にSEOチェック

初心者向けアドバイス

初心者~中級者向けSEOアドバイス

ダウンロード

PDF資料ダウンロード

関連タグ

#インターネット販売 #デメリット #ニッチ市場 #マーケティング #ロングテール戦略 #商品多様性 #売上向上 #顧客開拓

AIでSEO対策